特集 JR 思考停止経営からの決別

PART3

強くないと守れない 異業種と連携を

人口減、縮小均衡を超えられるか

2017年3月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

JR東海は地元の熱意に応え、6年半ぶりに赤字の名松線を復旧した。日本の交通インフラの崩壊を防ぐためにも、新たな収益モデルの構築が急務だ。

日経ビジネス2017年3月6日号 38~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 JR 思考停止経営からの決別」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ