特集 成功する副業

PART 4

企業と個人が直面する4大リスク

「働き過ぎ」をどう防ぐ?

2018年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

企業が副業を解禁するにあたっては、労働災害をはじめ様々なリスクが存在する。経営者が留意すべき問題点と、その対策を先行企業の事例から読み解く。

無策のまま副業を解禁すれば、社員にとっても企業にとっても「不幸」な結末が待ち受ける(イラスト=渡辺 コージ)

 副業が新たな働き方として広がる兆しを見せる中でも、企業が解禁する上では様々な課題やリスクがある。日本企業の雇用制度や人事制度はこれまで、副業を認めることを前提としてこなかったからだ。しかも、経営者のみならず、職場においても副業に対する理解は十分に進んでいない。

 実際に副業を解禁すると、企業と個人はどのようなリスクに直面するのか。順を追ってみていこう。

日経ビジネス2018年3月26日号 38~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 成功する副業」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ