特集 日本電産 真の働き方改革

PART4

決め手はマネジメント 管理職育成に全力

部下はなぜ残業するのか

2018年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

残業が発生するのは、能力と仕事量にミスマッチがあるからだ。管理職が部下の適性や仕事の状況を把握し、正しくマネジメントできているのか。上司の管理能力を高める研修を実施し、働き方改革と生産性向上の両立を目指す。

独自マネジメントで技術者を“転身”させ、新事業開発を進める櫻田国士・開発第1部長(中央)と冷却ファンの試作品(右下写真)(写真=大亀 京助)

 「試作品に対する顧客の反応はどうだった?」

 「やはり高い回転数に対するニーズは強いですね」

 京都市南区の日本電産本社5階。ハードディスク用モーターを柱とする精密小型モータ事業本部のフロアの一画で、数人の男たちが額を寄せ合っていた。意見を交わしていたのは、櫻田国士・開発第1部長と部下の森下裕司・課長代理らだった。

日経ビジネス2018年4月2日号 40~43ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 日本電産 真の働き方改革」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ