特集 アイドル産業に学ぶ 日本企業再生術

epilogue

小さな産業にこそ起死回生のヒントがある

アイドル産業の“粘り強さ”が示すもの

2017年3月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

規模が小さい産業には大規模産業にはない危機感がある。だからイノベーションが生まれやすい。その典型がアイドル産業で、AKB48グループ総合プロデューサー秋元康氏も、革新を起こし続けてきた。あなたの会社が必要としているヒントは、小さな産業にこそ転がっている。

日経ビジネス2017年4月3日号 44~45ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 アイドル産業に学ぶ 日本企業再生術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ