2018年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

朝鮮半島情勢が目まぐるしく動いている。その主役は核・ミサイル開発を続けてきた北朝鮮。国際社会が求めてきた「非核化」の意思を見せながら、体制維持をもくろむ。だが、忘れてはいけないことがある。北朝鮮はすでに核・ミサイルを保有している。日本海をまたいで日本を直撃することは技術的にはもはや不可能ではない。完全な非核化を実現しない限り、日本に対する「核の脅威」はなくならない。万が一にどう備えるか。ミサイル時代を生き抜く企業の危機管理を考える。

(寺井 伸太郎=日本経済新聞証券部、寺岡 篤志)

CONTENTS


日経ビジネス2018年4月9日号 22~23ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 ミサイル時代のサバイバル経営」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ