特集 ミサイル時代のサバイバル経営

PART1

有事勃発、そのとき日本は

2018年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

朝鮮半島で本格的な有事が発生すれば日本にも甚大な影響が及ぶ。もし、弾道ミサイルが日本を襲ったら。戦慄の未来を徹底シミュレーション。

(写真=:KCNA/新華社/アフロ)

 20XX年。全国各地の防災行政無線が一斉に起動、屋外スピーカーを通じて警報音が鳴り響いた。町中のスマートフォン(スマホ)も不気味な音で異変を告げた。全国瞬時警報システム(Jアラート)による警戒呼びかけだった。

 それは、揺れを察知して、身構えることを促す緊急地震速報ではなかった。

日経ビジネス2018年4月9日号 24~29ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 ミサイル時代のサバイバル経営」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ