特集 ミサイル時代のサバイバル経営

INTERVIEW

朝鮮半島有事、私はこう見る

2018年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本の命運を左右しかねない北朝鮮情勢。関係国の首脳による駆け引きなど、今後の展開は予断を許さない。日本が取るべき対応も含め、有識者に緊急インタビューを行った。

INTERVIEW

抑止力向上のカギ シェルター普及急げ

自由民主党 衆院議員
石破 茂
PROFILE
いしば・しげる
防衛大臣などを歴任し、自民党内きっての安全保障問題の論客。ポスト安倍の有力候補。
(写真=北山 宏一)

 北朝鮮の体制が簡単に崩壊するとは思わない。30年も前から「もうあの国は終わりだ」といわれてきたが、今日に至っている。徹底した情報統制で冷徹に国家を統制しているからだ。イラクやリビアの体制崩壊から、現体制維持には核を持たなければダメだと学んだ。

日経ビジネス2018年4月9日号 34~35ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 ミサイル時代のサバイバル経営」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ