特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術

PART1

たかがアイスに若者が殺到するワケ

「インスタ映え」では済まされない

2018年4月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アイスクリームを連想させるオブジェと写真を撮るだけの“美術館”が米国で人気を博している。宣伝せずとも勝手に若者が集まるMOICの成功は、顧客獲得の方法が別次元に入ったことを示している。

フロリダ州マイアミビーチにある「MUSEUM OF ICE CREAM」。ここではみんな童心に帰る

 米国屈指のビーチリゾート、フロリダ州マイアミビーチ。その一角に、ピンク色の文字で「MUSEUM OF ICE CREAM(MOIC)」と書かれた4階建ての白亜の建物がある。期間限定のアイスクリームの美術館だ。

 もっとも、アイスの歴史を紹介しているわけではない。あるのは、アイスを連想させるオブジェの数々、ただそれだけだ。甘い匂いが漂う館内に足を踏み入れると「カワイイ」とも「キッチュ」とも取れる展示物が並んでいる。

日経ビジネス2018年4月23日号 32~33ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ