特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術

PART4

データ活用の落とし穴、顧客中心の5原則守れ

フェイスブック問題の波紋

2018年4月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米フェイスブックの情報漏洩問題は、個人情報を取り扱うリスクをまざまざと示した。法規制の網も広がり、新しいマーケティングで果実を得るためには、早急な対応が必要だ。

(写真=AFP/アフロ)

 本特集で紹介してきた新たな顧客獲得術の多くは、「現代の石油」ともいわれるデータを駆使することを前提としている。ウェブサイトの訪問履歴やEC(電子商取引)サイトの購買履歴にとどまらない。スマートフォンやAI(人工知能)スピーカーなどのデジタル機器の利用状況からは、顧客の実生活の情報をきめ細かく集めることも可能だ。

米議会で証言するフェイスブックのザッカーバーグCEO。上は英米の主要紙に掲載された謝罪文(写真=スタジオキャスパー)

日経ビジネス2018年4月23日号 47~49ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ