2017年5月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国の西海岸で、「植物肉」で作ったハンバーガーがヒットしている。肉だけではなく、卵も魚も牛乳も植物から作ろうというベンチャーも登場。IT、バイオに次ぐ成長分野として、ヒトとカネが流入し始めた。健康意識の高まりを受け、より体にいい成分で、食べ慣れた食品をゼロから作り直す。世界人口が90億人に達する2050年に向け、食料問題の解決も視野にビジネスが動き出す。それは18世紀以降の農業革新、食の工業化、IT・バイオ技術の台頭に次ぐ、第4次「食」革命だ。壮大なビジョンが先行する熱狂には危うさも潜むが、参入を目指す企業は後を絶たない。米国、欧州、そして日本で動き始めたフロントランナーたちを追った。

日経ビジネス2017年5月15日号 20~21ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 第4次「食」革命」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ