特集 第4次「食」革命

COLUMN

昆虫食、量産化競争の本気度

珍味から脱却へ

2017年5月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

これまでは世界各地の“珍味”の域を出なかった昆虫食が、存在感を着実に高めている。2014年、オランダで開かれた「グローバル昆虫食会議」。学者、政府関係者、消費者団体、企業人など45カ国から450人が参加。商用化から法規制まで、昆虫食の未来を議論する国際的な議論が展開された。参加者の関心は高く、18年には2回目の会議が中国で開催されることが決まっている。

日経ビジネス2017年5月15日号 32~33ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 第4次「食」革命」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ