特集 7社が隠す個人情報

PART 2

増殖する悪質サイト 困惑する広告主

ネット広告緊急60社アンケート

2018年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

技術も市場規模も、目覚ましい進化を遂げてきたネット広告。自社に関心のありそうな消費者を狙って広告を打つのはもはや常識だ。だが、急速な進化が広告主の首を絞めている面もある。

(写真=Ian McKinnell/Getty Images)

 「ユニリーバは、社会に分断を生み、子供に有害で、怒りや憎しみを助長するプラットフォームに広告を出さない」。今年2月、世界最大級の広告出稿主、英蘭ユニリーバでブランド戦略を統括するキース・ウィード氏のスピーチがネット業界に波紋を広げた。

 ウィード氏はフェイクニュースや人種差別、テロリストによるヘイトスピーチなど、子供たちにとって有害なコンテンツがネット上にあふれていると指摘。SNS(ソーシャルメディア)などへの広告をコントロールすることで、「状況を解決していく」と強調した。

日経ビジネス2018年5月28日号 30~33ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 7社が隠す個人情報」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ