特集 7社が隠す個人情報

PART 4

現状を憂うウェブの父 「削除権」で勇気を示せ

巨体を持て余すプラットフォーマー

2018年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

個人のデータをカネに換え、ネット社会を牛耳る米グーグルなどの巨大なテクノロジー企業。制御しきれないほど膨大なデータを集めた結果、情報流出を起こすなど限界も露呈した。信頼を取り戻すにはまず、個人情報を削除する権利をユーザーに戻すことだ。

(写真=daoleduc/Getty Images)

 「我々は個人データのコントロールを失ってしまった」

 WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の28回目の誕生日に当たる2017年3月12日。WWWを考案し、「ウェブの父」とも呼ばれる英科学者のティム・バーナーズ・リー氏はブログで悲壮なメッセージを発信した。今のインターネットは、かつて思い描いていた理想と大きく隔たっていると、リー氏は憂う。

 インターネットは「誰もが情報を共有し、地理的および文化の境界を越えて協力できるオープンなプラットフォーム」(リー氏)を目指して発展してきた。米グーグルはかつて、そうした理想の体現者と見なされていた。1990年代からIT業界に君臨した米マイクロソフトに、無料のネットサービスで挑むグーグルは、紛れもなく“権威に抗う自由の旗手”だった。

日経ビジネス2018年5月28日号 40~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 7社が隠す個人情報」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ