特集 石油再編の果て

PART 1

不透明価格と値上げ

窒息する販売店

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

取材を拒否し続けたJXTG。だが、彼らが語ろうとしない理由は、現場から浮かび上がってくる。高い価格と不透明な取引慣行で、町のガソリンスタンドは巨体に押しつぶされようとしている。

 「他社のトップはインタビューを受けるのか」

 JXTGグループの広報幹部は、電話口で何度もそう繰り返した。

 5月半ば、「石油再編の未来」について経営トップを務めるJXTGホールディングス代表取締役会長、木村康の取材を依頼した時のこと。前月、JXホールディングスは東燃ゼネラル石油(TG)と統合して、ガソリン販売シェア50%という巨大なトップ企業となった。2位の出光興産も昨年末に昭和シェル石油の株式の3割強を取得してグループ化し、シェア30%を握る。

日経ビジネス2017年6月19日号 24~27ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 石油再編の果て」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ