特集 米中100年 新冷戦

PART 2

衝突はまだ序の口 報復におびえる米国

貿易戦争の現場を行く

2018年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

テクノロジー大国を目指す中国に貿易面で揺さぶりをかける米国。だが、報復関税をちらつかせるやり方に米企業にも困惑が広がる。まだジャブの応酬の段階だが、最前線では既に被害が続出している。

鉄鋼・アルミ関税の報復として中国は米国産豚肉に高関税を課した

 森と丘に囲まれた米テネシー州北西部。林道のような一本道をクルマで15分ほど上ると、探していた場所にたどり着いた。この地で養豚業を営むトッシュ・ファームの養豚場だ。

日経ビジネス2018年6月25日号 30~35ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 米中100年 新冷戦」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ