特集 カリスマと老害

PART 2

私欲に流されない 老害を防ぐ3つの仕組み

カリスマの覚悟を組織に取り込め

2018年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

PART1で見た3人のカリスマ経営者に共通するのは、経営に対する強い自負心だろう。常に会社のことを自分事として捉え、次の一手を考える。私欲に流されない覚悟が見て取れる。だが、人は弱いもの。手にした権力は手放したくない。そんな老害と決別する仕組みの作り方がある。

 PART1で紹介した3人のカリスマ経営者から見えてくるのは、私欲に流されないという強い覚悟だ。スズキの鈴木修会長も、キヤノンの御手洗冨士夫会長CEO(最高経営責任者)も、そして一線を退いたユニー・ファミリーマートホールディングスの上田準二相談役も、常に会社のことを自分事として捉え、先を読みながら次の一手を考え、実行してきた。

日経ビジネス2018年7月9日号 28~33ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 カリスマと老害」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ