特集 カリスマと老害

PART 3

後は任せた! 新たな挑戦が道拓く

社長交代の新潮流

2018年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

社長の地位をあっさり譲り、自分は新たな挑戦を始める。勢いのある企業の経営者で、そんなケースが増えている。社長は出世競争の終着駅という牧歌的な時代は終わりを告げようとしている。

[まつうら・まさと]
1988年創業。91年専務、2004年社長。18年から現職。
(写真=竹井 俊晴)
エイベックス
松浦勝人
会長CEO
社長を譲り新規事業を担当

安室奈美恵も小室哲哉も引退してロゴも変わり、平成も終わる。エイベックスにとって大きな節目でイノベーションを創出する新たなポジションに就こうと思った

日経ビジネス2018年7月9日号 36~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 カリスマと老害」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ