特集 「儲かるASEAN」のウソ

PART 4

東南アジア開拓 「8つのヒント」

先駆者と識者に聞いた

2018年8月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか。先駆者が肌で学んできたその秘訣を、最後に紹介しよう。

クリスマスパーティーでフィリピン人社員の中に溶け込む伊藤澄夫社長(前列中央)
ヒント
1
現地社員と家族になる

 「日本企業の経営手法には本来、欧米や中国、台湾、韓国などの企業より非常に大きな優位性がある。東南アジア進出で苦戦する日本企業は、それをすっかり忘れている。もったいない」

日経ビジネス2018年8月6日・13日号 38~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 「儲かるASEAN」のウソ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ