特集 挫折力 実録 8社の復活劇

PART2

おごり即ち、 奈落への道

安田善次郎の教え

2017年8月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

財閥の創始者としてなお、一汁一菜の生活を続けた安田善次郎。その根底には、「おごった瞬間に、困窮の底に落ちていく」という恐怖感がある。自身の失敗から学んだ教訓──。そこには「復活の道」も描かれていた。

安田善次郎(やすだ・ぜんじろう)1838年富山生まれ。農業や行商を経て江戸に上り、奉公人から両替商を興し、安田銀行(現みずほフィナンシャルグループ)など大金融グループを築く。(写真=共同通信)

 おごった人は、必ず落ちていく──。

 そんな「真理」を、循環図として描き残した企業人がいる。

 安田善次郎。安田財閥の創始者で、「銀行王」とも呼ばれる彼が残した企業群の歴史は、現在のみずほフィナンシャルグループや明治安田生命保険、東京建物へとつながっている。

日経ビジネス2017年8月7日・14日号 30~31ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ