特集 パスワード 16億件流出

「イラン襲うサイバー兵器を開発したかって?」

イスラエル軍出身、リオール・ディブ・米サイバーリーズンCEO

2018年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イスラエル軍8200部隊は世界で最も恐れられるサイバー部隊の1つである。一躍有名にしたのは、2010年にその存在が明らかになったサイバー兵器「スタックスネット」だ。イランの核開発施設に感染し、ウラン濃縮装置を壊すことに成功。サイバー攻撃で物理的なダメージを与えられることを世界に示した。8200部隊と米国家安全保障局(NSA)の共同作戦だったとされる。8200部隊出身で現在は情報セキュリティー会社、米サイバーリーズンのCEO(最高経営責任者)を務めるリオール・ディブ氏に直撃した。

(聞き手は吉野次郎)

米サイバーリーズンのリオール・ディブCEO(最高経営責任者)

単刀直入に聞きます。あなた自身がスタックスネットの作戦に加わっていたという噂があります。

ディブ氏:何のことを言っているのか私にはさっぱり分かりません。

日経ビジネス2018年9月10日号より

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 パスワード 16億件流出」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ