特集 もう銀行はいらない

PART 3

使命はどこへいった 問われる存在意義

大企業再建、中小融資、カードローン

2017年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

産業育成の担い手、企業再建の立役者。従来、銀行に期待されてきた社会的役割は大きかった。だが、いま目に付くのは、自行の利益確保に汲々とし、消費者向けカードローンにまで傾斜する姿だ。

(写真=左:ロイター/アフロ、右:読売新聞/アフロ)

 産業の育成や、企業の再建・再編を通じて日本経済を成長に導く。それが、日本の銀行が脈々と果たしてきた重要な役割の一つだった。幅広い産業を熟知したメーンバンクとして、世界経済の中で競争力を確立する大きな構想力を持っていた。

 だが、東芝やシャープ、三菱自動車など、近年経営危機に陥った企業がたどった道を見れば、現在の銀行がその期待に応えているかは疑問だ。

 経営が不安定になったら、資産を切り売りさせて自行の債権回収を最優先する。そんな批判がついてまわる。

日経ビジネス2017年9月18日号 32~35ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 もう銀行はいらない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ