特集 もう銀行はいらない

COLUMN

不良債権、大再編経て 訪れた「静かな危機」

今こそ知っておくべき国内銀行の歴史

2017年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国内銀行界の現状を理解するためには、その起源から足元までの歴史をひもとく必要がある。不良債権との長い戦いは終わったが、ビジネスモデルの構造変化という静かな危機が訪れている。

 日本の銀行の歴史をひもとくと、大きく3段階に分けることができる。

 まず、戦前に銀行が誕生し、戦後の高度成長期に確立する「護送船団方式」の時代。次に来るのが、1991年にバブルが崩壊して以降の、「不良債権との戦い」の時代。そして、公的資金を完済した3メガバンクがリーマンショックを乗り越えた2000年代後半から「静かな危機」の時代へと移行する。

 日本の銀行の始まりは、渋沢栄一氏が中心となって1873年に設立した第一国立銀行だ。1876年以降は行名に数字が入った「ナンバー銀行」の設立が相次いだ。メガバンクには当時のナンバーは残っていないが、地方銀行では第四銀行や七十七銀行、八十二銀行などが現在まで残っている。

日経ビジネス2017年9月18日号 36~39ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 もう銀行はいらない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ