特集 もう銀行はいらない

PART 4

存在感は変われど 再び企業を育てる

みずほFG佐藤康博社長が語る銀行の未来

2017年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

産業史に残る数々のイベントを取り仕切った中山素平氏。彼のようなバンカーは現れないのか。目先の利益に追われ、産業を育てていないとの批判にメガバンクトップが答える。

(写真=ロイター/アフロ)
 かつて「財界の鞍馬天狗」と呼ばれ、1950年代から高度成長期にかけ、その人脈と抜群の構想力で数々の企業再編を実現した伝説のバンカーがいた。中山素平氏(日本興業銀行元頭取)だ。なお苦境に陥る大手企業は多いが、銀行はどんな役割を果たしているのか。

 銀行の役割は、会社を「生かしていく」ことだと思っている。苦境に陥った会社でも複数の事業をやっている場合は資産を売ることで財務基盤を整え、息を吹き返せる可能性がある。東日本大震災のときに、みずほが継続して支援することで立ち直った企業もある。社会的責任は今も変わらない。

日経ビジネス2017年9月18日号 40~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 もう銀行はいらない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ