特集 寝るな日本人

PART2

クルマが売れないのは夜、誰も出歩かないから

夜の衰退が招く昼の麻痺

2017年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

夜間経済の縮小は、「夜の産業」に悪影響を及ぼすだけではない。そのしわ寄せは、製造業など様々な「昼の商売」にも及び始めている。日本内需市場低迷の象徴「クルマ市場の縮小」も、夜、出歩かなくなったからだ。

 東京都北区にある赤羽は、都内でも急速に人気を集めている街だ。

 東京で住みたい街と言えば吉祥寺や恵比寿などが有名だが、赤羽も捨てたものではなく、住宅・不動産購入情報サイト「SUUMO」が2017年3月に公表した「住みたい街ランキング2017」(関東)の「穴場だと思う街」部門で2位にランクインした。

 魅力は交通の便。埼京線や京浜東北線など複数の路線が通り、新宿や池袋に10~15分で行ける。

日経ビジネス2017年9月25日号 34~35ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 寝るな日本人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ