特集

PART 4

全力で振り切れ

日本はもっと強くなれる

2018年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

イノベーションを生み出す企業には共通点がある。大きなリスクをいとわず、果敢に攻め続ける点だ。何度も打席に立ち、全力で振り切ることが、未来を開く。

 スウェーデン南部に位置するヘルシンボリ。ここに世界中から見学者が訪れるミュージアムがある。展示されているのは絵画でも彫刻でもない。企業が発売してきた失敗商品の数々だ。

 その名も「Museum of Failure(失敗ミュージアム)」。歯磨き粉ブランドが作った冷凍ラザニア、履きづらそうなプラスチック製ビジネスシューズ、ポケットに入らないくらい大きな携帯型音楽プレーヤー……。開発者の常識を疑うような失敗の「逸品」ばかりが約80点、所狭しと陳列されている。

日経ビジネス2018年10月15日号 40~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ