2018年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「特定の立場にいる社員のせいで、働き方改革が進まない」──。 そんな声が企業の現場から上がり始めている。過去の成功体験への固執、 新しい働き方の拒絶、業務IT化への無理解……。様々な側面から効率向上の足を引っ張ってきたのは、ベテラン社員か、経営層か、中間管理職か。それとも現場のリーダーか、最前線に立つ一般社員か。改革を成し遂げた先進企業の事例からは、新しい働き方改革の攻略法が見えてくる。

(松浦 龍夫、古川 湧、広田 望、津久井 悠太)

CONTENTS

本特集をお読みになる前に
  • 生まれた年代によって「○○世代」などとステレオタイプにくくられることに対し違和感や嫌悪感を抱かれる方にとっては、刺激的な表現が含まれています。
  • 指摘している各年代の特徴は、専門家や経営者がそれぞれの研究や経験から導き出した「おおまかな傾向」をまとめたもので、各年代に生まれた全ての人が同じ気質を持つと主張しているわけではありません。
  • 年代の分類方法は諸説あり、特集で提示した分類は数ある仮説の一つにすぎません。

本編に登場するアンケート結果は、2018年10月上旬に日経リサーチの協力を得てインターネット上で調査した。対象は就労中または就労経験がある23~71歳の男女516人

日経ビジネス2018年10月22日号 24~25ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集」のバックナンバー

一覧

「働き方改革 やる社員 やらない社員 悪いのは、ミドルか現場かベテランか」の著者

松浦 龍夫

松浦 龍夫(まつうら・たつお)

日経ビジネス編集記者

2002年同志社大学商学部を卒業、同年日経BP社入社。日経コンピュータや日経ニューメディアでIT・通信を担当し、2012年に日本経済新聞社へ出向。2015年4月から日経ビジネス記者。現在は電気・ガス、ガソリンなどエネルギー分野を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

古川 湧

古川 湧(ふるかわ・ゆう)

日経ビジネス編集記者

2016年に日経BP社入社。医師向けメディアの日経メディカルで糖尿病と循環器領域を中心に取材した。2018年4月より日経ビジネスに。鉄、化学、素材、医療業界などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

広田 望

広田 望(ひろた・のぞむ)

日経ビジネス記者

物性物理学で博士号(理学)を取得。日経BPに入社後は「日経コンピュータ」や「ITpro」でIT業界を幅広く取材。2017年10月から日経ビジネス記者として、家庭消費財や化粧品を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ