特集 それは訴えてもムダ

新経営リスク【1】

無責任な取引先

2017年11月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

> PART2 トップへ戻る

10月13日、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(中央)は品質データ改ざん問題について陳謝した

 「神戸製鋼の信頼はゼロになった」。10月12日、品質データ改ざん問題を受け、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は、顔を紅潮させ目に涙を浮かべながら報道陣の前でこう語った。

品質問題が産業界を揺るがしている
不祥事を起こした企業 概要
神戸製鋼所 2017年10月に製品のデータ改ざんが分かり、トヨタ自動車やマツダなどが独自に安全性を検査
日産自動車 2017年9月に完成車の不正検査が発覚。出荷停止で、生産ラインを止めたサプライヤーも
フレッシュコーポレーション 2017年8月、埼玉県熊谷市の店舗で販売した総菜を食べた客がO157に感染。出荷元の食品加工工場が感染源と疑われ、風評被害に遭う
三菱自動車 2016年4月に燃費試験の不正が発覚。生産停止のあおりを受け下請け部品メーカーが倒産
タカタ 2014年にエアバッグに欠陥が見つかり、自動車メーカーが調査、リコールを実施

 同社が、アルミ・銅製品の強度などのデータを改ざんしていた事実を公表したのは10月8日。11日、13日、26日には主力の鉄鋼製品などでも不正があったことが相次いで発覚した。改ざんは数十年前から続いていた可能性も指摘されており、事実とすれば「無責任企業」のそしりは免れない。

日経ビジネス2017年11月6日号 26~27ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 それは訴えてもムダ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ