特集 ここまで来た監視社会 勃興する第2のGAFA

PART 3

月300円で完全追跡 社員はもはや“丸裸”

スマホもオフィスも逃げ場なし

2018年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

監視技術は仕事場に広く普及している。スマホもパソコンも、操作は会社に筒抜けだ。オフィス内は「壁に耳あり障子に目あり」。皮膚振動から、深層心理すらも読み取られる。

(写真=ロイター/アフロ)
スマホ監視で取れる情報(例)
インターネット接続したアドレスや時間
電話の発着信情報(相手、日時、通話時間)
アプリの利用情報(日時、アプリ名、利用時間)
1分や3分ごとの位置情報(移動履歴)
メールの送受信相手や内容
遠隔で画面ロックやデータの初期化
SDカードの抜き差し

 東京都心、とある公園の昼下がり。ビジネスパーソン風の男女が熱心にスマートフォンの画面をのぞきこんでいる。取引先とのアポイントを取るメールか。帰りが遅いことを知らせる家族へのメッセージか。はたまた、最近はまっているアプリのゲームか。そのスマホが会社からの貸与品なら、行動はきっと筒抜けになっている。

 業界関係者によると、日本では約350万台のスマホが常時、会社から監視されているという。主役は「MDM」というモバイルデバイス監視ツールだ。

1分ごとに居場所を特定

 数あるMDMの中で近年、評価を高めているのが、エムオーテックス(大阪市)の開発した「ランスコープAn」だ。スマホを持つ社員がどこで、何をしているのか、詳細なデータが取れることをアピールし、導入社数は既に3500社に達した。

日経ビジネス2018年11月12日号 34~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 ここまで来た監視社会 勃興する第2のGAFA」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ