2016年11月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第45代米大統領に、ドナルド・トランプ氏が就任することが決まった。あるコラムニストは今回の大統領選を「絶望」と「不安」と喝破した。政策への高い知見を持つが、ワシントンの代弁者であるヒラリー・クリントン候補と、変化こそ約束するが、その行動が読めないトランプ氏との二者択一である。結果、米国民は混沌を伴う変化を選んだ。8年間のリベラル政治が終わり、米国はポピュリストが支配する時代に入る。その中で新大統領が直面するモノは何か、その先に希望はあるのか。

日経ビジネス2016年11月21日号 22~23ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 トランプとアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ