特集 農業で解決 日本の課題

PART 1

CASE 1 元・ヤンキー

私たちは農業で救われた|行き場を失った10人が辿り着いた先

2017年11月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

> PART 1 トップ

京都知七で働く高林氏。弟の達雄氏(29、右)も2017年春に就農した(写真=菅野 勝男)

 京都中心部から車で1時間ほど行くと、昔ながらの風情が残り、かやぶき屋根の家が広がる京北地区に着く。少子高齢化が進み、耕作放棄地も目立つ同地区。その中心部に例外的に、整然と整備された4ヘクタールのネギ畑が広がる。畑の真ん中で収穫作業の準備をしているのは高林洋太氏(33)だ。

 高林氏は今、約5トンの九条ネギを年2回収穫し、全国約250の飲食店に卸している。いずれは周囲の耕作放棄地を集め、京北地区を南北に貫く周山街道(国道162号線)沿いをネギ畑で埋め尽くすのが夢だ。

 そんな高林氏だが、2年前まではおよそ将来の夢など描ける環境になかった。

日経ビジネス2017年11月27日号 26~28ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 農業で解決 日本の課題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ