特集 謝罪の流儀2017

PART 4

謝罪は未知の領域へ 制御不能でも「責任」

フェイクニュース、自動運転、AI

2017年12月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

技術の進化は新たな謝罪対応を迫る。「制御不能」な領域まで企業の姿勢が問われる時代がやってきた。氾濫するフェイクニュース、暴走するAI……。「謝罪の流儀」は複雑化する一方だ。

 まったく身に覚えがないニュースがみるみる拡散していく──。そんな企業にとって悪夢のような状況が、現実に起きる可能性が増している。

 事実誤認や創作による記事だったとしても多くの人の感情を揺さぶって読ませれば勝ち。そんなフェイクニュースが大流行しているからだ。トランプ大統領の当選や、英国の欧州連合(EU)離脱決定にも影響したとされる。

日経ビジネス2017年12月18日号 44~45ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 謝罪の流儀2017」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ