特集 2017年 紅白予測合戦

全員ノマド、間接部門消滅 仕事の大半はAIとの協業

【近未来小説】10年後の働き方

2017年1月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

専門家の見立てをベースに10年後の働き方を小説風に予測した。全員が好きな場所で仕事する「ノマドワーカー」となり、総務・経理など間接部門は消滅。仕事の大半をAI(人工知能)との協業で担う時代が訪れる──。そんな未来だ。

日経ビジネス2017年1月9日号 55ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 2017年 紅白予測合戦」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ