世界鳥瞰

CPU脆弱性が教える構造リスク

2018年1月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ほとんどのコンピューターやスマホに使われているCPUに脆弱性が存在することが明らかになった。「メルトダウン」と「スペクター」と呼ばれるもので、悪用すれば他人のデータを読み取ることができるという。この脆弱性は、クラウドサービスがはらむ問題と、業界の寡占化がもたらすマイナス面を浮き彫りにする。

CPUの処理を高速化する仕組みの中に、脆弱性が潜んでいた(写真=ユニフォトプレス)

 コンピューターに見つかった脆弱性に「メルトダウン」という名前が付けられた。これが悪い知らせであることはすぐに分かる。

 年明け早々に、世界中で稼働しているコンピューターの大半が搭載するチップ(CPU=中央演算処理装置)に共通の脆弱性があることが明らかになった。まるでパニック映画に登場する悪夢のシナリオが始まったかのようだ。

日経ビジネス2018年1月15日号 94~95ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ