世界鳥瞰

FRONTLINE ロンドン

東芝危機、英電力政策に波紋

2017年2月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東芝の経営危機が、英国のエネルギー政策に波紋を投げかけている。同社が英中部で進める原発建設計画が遅れれば、英国の電力供給に支障を来す可能性があるからだ。原発の建設・運用に雇用を期待する地元からも不安の声が漏れており、英政府は頭を抱えている。

日経ビジネス2017年2月27日号 110ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ