世界鳥瞰

ユニリーバ買収劇破談の意味

2017年3月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米クラフト・ハインツが3Gキャピタルの主導で英蘭ユニリーバに買収を提案したが、破談となった。3Gは買収した企業で徹底したコスト削減を進めて利益を上げ、さらに大きな同業をM&Aしていく手法で知られる。ユニリーバは対照的に自社の企業文化を大切にするが、逆風が吹く消費財市場にあって改革を迫られている。

日経ビジネス2017年3月6日号 106~107ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ