世界鳥瞰

中国のイカ“乱獲”、南米にも脅威

2017年5月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

南米アルゼンチン、チリ、ペルー沖で、中国漁船が大規模なイカ漁を展開している。中国近海で水産資源が激減し、連鎖的失業を恐れる中国政府が遠洋漁業に補助金を出したことが原因だ。イカがほかの魚のように乱獲で減少するかは不明。だが、中国の水産業は明らかに過剰投資状態にある。

日経ビジネス2017年5月8日号 80~83ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ