世界鳥瞰

FRONTLINE シリコンバレー

米IT大手が直面するAI倫理の壁

2018年5月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

グーグルやアマゾンがAIを巡る批判にさらされている。「AIが人間をだまそうとした」「権力が市民を監視するのにAIが活用された……」問題視されているのは「AI倫理」の欠如だ。

シリコンバレー支局 中田 敦
1998年、日経BP社入社。日経コンピュータやITproの記者として、クラウドやビッグデータ、人工知能を担当。2015年4月からシリコンバレー支局長。
店舗に電話して予約する会話AI「デュプレックス」を発表するグーグルのピチャイCEO

 米ノースカロライナ大学のジーナップ・トゥフェックチー准教授は、米グーグルが2018年5月に発表した会話AI(人工知能)「グーグルデュプレックス」を強く批判する。

日経ビジネス2018年6月4日号 80ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

「米IT大手が直面するAI倫理の壁」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ