世界鳥瞰

「AI覇者」への道、中国が優位

2017年6月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

AI分野でいま最も注目を集める「機械学習」の実用化で、中国は高いポテンシャルを持つ。システム開発に必要なソフトや先行研究の論文が無償で公開されており、技術のキャッチアップを容易にする。機械学習に必要なデータが豊富で、かつ、その利用への規制が緩い点も、中国企業に有利に働く。

世界最強といわれる中国人棋士に勝利したAI「アルファ碁」の研究成果は、誰もがアクセスできる状態にある(写真=Imaginechina/アフロ)

日経ビジネス2017年6月12日号 138~139ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ