世界鳥瞰

かすむEUの未来

メイ英首相が辞任できぬ事情

2017年6月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「圧勝」との当初予想とは裏腹に、英下院選挙で屈辱的な敗北を喫したテリーザ・メイ英首相。早期の解散・総選挙を決めたことに対する責任論が保守党内でくすぶる中、翌日には堂々と続投を宣言した。同氏の辞任は、保守党政権の陥落を招きかねない上、EU離脱交渉を今以上に混乱させる可能性が高いためだ。

下院選挙翌日、首相官邸前で演説するテリーザ・メイ英首相。辞任の考えはないことを明言した(写真=Carl Court/Getty Images)

日経ビジネス2017年6月19日号 104~105ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ