世界鳥瞰

AIでの勝負を避けたアップル

2017年6月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アップルが6月、アマゾンやグーグルの後を追って、AIスピーカー市場に参入した。IT端末の「次世代OS」となる音声アシスタントの覇権を争う激戦市場だからだ。だが、アップルはAIではなくスピーカーの性能を強調した。それはなぜなのか。

シリコンバレー支局 中田 敦
1998年、日経BP社入社。日経コンピュータやITproの記者として、クラウドやビッグデータ、人工知能を担当。2015年4月からシリコンバレー支局長。

 大方の予想通り、米アップルが6月のイベントでAI(人工知能)スピーカー「ホームポッド」を発表した。スマートフォンやタブレットの成長は減速、パソコンの出荷台数も前年割れが続く。AIスピーカーはIT(情報技術)端末の中で唯一の成長株だ。

アップルが発表したAIスピーカーの「ホームポッド」

 先行するのは米アマゾン・ドット・コム。2014年11月に「エコー」を発売した。エコーは音声アシスタント(音声を媒介とするAI)の「アレクサ」を装備しており、「水を注文して」「照明をつけて」と話しかければ、買い物をしたりスマート家電を操作したりしてくれる。スマホを取り出す必要がなくなる利便性が米消費者の心をつかんだ。16年の年間出荷台数は800万台を超えたとみられる。

 米グーグルも16年11月にAIスピーカー「グーグルホーム」を発売。OS(基本ソフト)「アンドロイド」と同じく、音声アシスタントの「グーグルアシスタント」を備える。

日経ビジネス2017年7月3日号 103ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

「AIでの勝負を避けたアップル」の著者

中田 敦

中田 敦(なかだ・あつし)

シリコンバレー支局

1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。ITproや日経コンピュータを経て、2015年5月からパロアルトに開設したシリコンバレー支局を拠点に、シリコンバレーの最新事情を取材中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ