世界鳥瞰

サウジ新皇太子と国営石油会社

2017年6月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サウジアラビアのサルマン副皇太子が皇太子に昇格した。新皇太子が仕切る、国営石油会社アラムコの上場に弾みがつく可能性がある。とはいえ投資家の懸念は消えない。新皇太子の発言内容と影響力、政策の方向性こそが懸念材料だ。

巨大な広告板に掲示されたサウジ王家の写真。サルマン国王(中央)は甥であるムハンマド・ビン・ナエフ皇太子(左)を解任し、実子であるムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(右)を皇太子にした(写真=AP/アフロ)

日経ビジネス2017年7月3日号 100~102ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ