世界鳥瞰

英離脱派の主張は「ゾンビ思想」

2017年10月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

10月に開かれた先の欧州連合(EU)首脳会議で、英国のEU離脱交渉決裂が現実となる可能性が高まった。EUが次段階の交渉に進む条件として提示する、清算金の支払いに関して、英国が厳しい姿勢を貫いているためだ。英離脱推進派は強気だが、その根幹をなす考えは「ゾンビ思想」にすぎないと著者は指摘している。

 英国の欧州連合(EU)離脱交渉は失敗に終わる公算が極めて大きい。交渉が決裂すれば、英国経済は大きな衝撃を受け、近隣諸国との関係も崩壊する。

 もっと前向きに考えるべきだと主張する人々は、こうした見方を非難する。しかしそれは、ビルの屋上から飛び降りた人に向かって「前向きにさえなれば、あなたは飛ぶことができる」と助言しているのと同じことだ。

 今の英国の状況を知るには、非常に多くの離脱推進派がとらわれている、破綻しているのに幅を利かせている考え方──いわゆる「ゾンビ思想」を理解しなければならないだろう。

日経ビジネス2017年10月30日号 132~133ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ