世界鳥瞰

米次期国務長官は親ロ派か?

2016年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国のトランプ次期大統領は、新政権の国務長官に石油大手エクソンモービルのティラーソンCEOを指名した。ロシアでの事業経験が長く友好勲章まで受けている同氏の就任を問題視する意見が多いが、反論もある。同氏は自由貿易を支持してきた。政権内でも持論を貫くことができるだろうか。

日経ビジネス2016年12月26日・2017年1月2日号 144~145ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ