世界鳥瞰

中国の腐敗は改革開放の必然

2017年1月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国で1990年代初めから腐敗が広まったのは、鄧小平が始めた経済自由化がもたらした必然的な結果だ。経済成長が生む富を共産党幹部が略奪してきた事実は共産党一党独裁と市場経済が両立しない証明だ。習主席は腐敗が構造問題であり、腐敗摘発が共産党政権の永続にはつながらないことを理解すべきだ。

日経ビジネス2017年1月9日号 78~79ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「世界鳥瞰」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ