• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

白井 咲貴(しらい・さき)

日経ビジネス記者

白井 咲貴

2017年3月大学卒業、大学では国際政治学を専攻。同年4月、日経BP社に入社。日経ビジネス編集部に配属され、旅行・レジャー・ホテル業界、家具・雑貨専門店を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

Raiseオープン開発会議[カルビー]

カルビーポテトチップス「準定番」って何だ?

2018年7月19日(木)

►開発テーマ カルビーポテトチップスの新たな“準定番”を作る
►[Step02]準定番3品の強さ、弱さを徹底診断

日経ビジネスRaiseユーザーがカルビーの開発担当者と一緒に新たなポテトチップスを開発する「オープン開発会議」。[Step01]ではポテトチップへの“Love & Hate”を聞きましたが、[Step02]ではカルビーポテトチップス「準定番」3商品の強さ、弱さを皆さんに診断していただきます。

皆さんと一緒に磨き上げたポテトチップスの新商品のコンセプトが、カルビーの社内会議で採用されたら、味やパッケージ、マーケティングの在り方など、さらに詳細な商品開発プロセスへと進みます。開発に成功すれば、来年の今頃にはきっと、新商品が発売されるはず。実現に向けて、皆さんの自由な発想と深い専門知識を総動員してください。

これまでの開発の経緯はこちら>>>「カルビーと一緒にポテトチップスを開発しよう

<開発ステップ(予定)>
01 ポテトチップスのLove & Hateを大募集!
02 準定番3商品の強さ、弱さを徹底診断
7/19~ 準定番の味、好きですか?嫌いですか?
7/23~ 準定番、そもそもコンセプトをどう思う?

03 『しあわせバタ~』を磨き直せ
04 『しあわせバタ~』の改革プラン大募集
05 選抜!どのプランが「いいね」?
06 みんなで最後のコンセプト磨き
07 運命の判定。採用なるか

 皆さん、こんにちは。日経ビジネス編集部でオープン開発会議[カルビー]担当の白井です。日経ビジネスRaise(レイズ)は先週から、Raiseユーザーの皆さんがカルビーと一緒にポテトチップスの新商品開発に挑む「オープン開発会議」をスタートしました。

 先週スタートした[Step01]の「ポテトチップスのLove&Hateを大募集!」では、皆さんにポテトチップスが好きか嫌いか、そして理由をお聞きしました。[Step01]の後半では、ポテトチップスが好き、嫌いになったきっかけ=「思い出」を、ユーザーの皆さんから募集しました。

 まず、全体的にはポテトチップス「Love」な意見が数多く寄せられました。例えば、以下のようなコメントがありました。

 特にコンソメパンチが大好きです。他の味に比べて濃く、はっきりしたあの味。「食べたー!」という満足感がたまりません。(Yoshiko 派遣社員)

 健康志向が叫ばれてはいますが、どうしてもやめられない止まらない。(オラフ 化学プラント設計)

 ポテトチップスは去年まで実家で暮らしていたとき、常に家に常備されていました。手軽に食べられるところ、期間限定や地域限定など味のバリエーションが多い所が好みです。(鈴木伽蓮)

 また、味が好きという意見のほかに、ひと手間加えて独自の食べ方をしているという意見もありました。

 定番の塩味が好きです。暑い夏は冷凍庫で冷やしてから食べるのが好きです。パリパリ感が増す気がします。(ごちゃ ?)

 キャンプでは「焼きマシュマロ」がおやつの定番ですが、我が家では最近「焼きポテトチップス」ブームです。BBQコンロの網の上に並べて炭火で少しだけ焼くと、ポテトチップスの油がジュワッ、その油のおかげで揚げたてのようにサクッ、アツアツサクサクのポテトチップス最高です。(米村 穣 IT関連)

 野菜サラダに割り入れて食べるのが最も好きな食べ方です。特に「堅あげポテト
ブラックペッパー」が一番好き。(okamitsu フリーランス)

 もちろん、お酒との相性の良さを指摘する声もありました。

 私は月イチほどの頻度でお嫁との晩酌のお供にいただきます。(Natsuki Machii 医療関連施設 広報担当)

 中年太りまっしぐらで血中脂質「要再検査」ですが、晩酌のお供で気が付けばビッグバッグ1袋完食。。。カロリーなんて気にしてたらお菓子なんて食ってられん!(ささぶー なんちゃって部長)

 さらに、ポテトチップスが特定の思い出と結びついている方も多いようです。

 ポテトチップスはカルビーさんが発売する前からよく食べていました。中学校への通学路に、ボテトチップスやさつまいものかりんとうを製造している工場があり、色が悪いものなどを規格外品として安く販売していました。(HOLIC 外資系メーカ勤務)

 ポテトチップスというと我が家では、幼少のころは高価なおつまみでした。それがかっぱえびせんのカルビーから発売されたときは衝撃的でした。(スズキ ケンジ ANAダイヤモンド)

 私が小学生のとき誕生日会で、クラス中の女子がひしめくように我が家に集まり、みんなで食べたコンソメパンチのビッグバッグ、あれが一番楽しくておいしかったなぁ。(ちひろ お菓子勉強家)

 一方、ポテトチップス「Hate」な意見としては、以下のようなものがありました。

 ポテトチップスといえばお菓子の定番。しかし、食べる際に手が汚れる、カロリーが高く健康志向とは合わないなども考えられるかもしれません。(田代弘治 厚生労働省)

 小学生の息子がいますが、正直なところ買わないお菓子のナンバーワンが、ポテトチップスです。(ゆうとママ ワインインポーター事務系課長)

 職業柄(管理栄養士)、脂質や糖質を考慮すると、購入するのに勇気が要るのも現実です。(藤井 健康増進コンサルタント)

 「油で手が汚れる」「カロリーが気になる」という、「Hate」の中ではこの2つに特に意見が多く集まりました。手が汚れるのを防ぐために「箸で食べている」という方もちらほら……。

 それでも食べたいからパソコン仕事の時は箸で食べてますけど。笑(石崎 龍之介 名古屋大学 工学部 1年)

 また、カロリーが気になるのは、老若男女問わずのようです。一方で、カロリーが高いと分かっていながらも食べる「背徳感がたまらない」という意見も多かったです。週1回以上、夜にラーメンを食べている私にも、その気持ちは良く分かります!

 皆さん、率直な、そして貴重なご意見をありがとうございました。では、これからいよいよ本格的なポテトチップスの開発に移ってきます。今回、日経ビジネスはカルビーからある「お題」をいただきました。カルビーは現在ある課題を抱えており、それを乗り越えるような商品をユーザーの皆さんの力で作ってほしいとのことです。

 その課題とは何なのでしょうか。カルビーの担当者の森田麻友さんに聞きました。

オープン開発会議を担当するカルビーの森田さん

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長