• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

近藤 慎太郎(こんどう・しんたろう)

医師兼マンガ家 日赤医療センター、亀田総合病院、クリントエグゼクリニックなどで勤務 

近藤 慎太郎

北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。
日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。
消化器の専門医として、これまで数多くのがん患者を診療。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。
診療を行っていく中で、医療についての情報が世の中に正しく伝わっていないことを痛感し、講演や各種メディアを通じて啓蒙活動をおこなっている。特技はマンガで、解説マンガも著者が自ら描いている。

◇主な著書
がんで助かる人、助からない人』(旬報社) 2017

◇関連リンク
医療のX丁目Y番地(ブログ)
Facebook

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

学生時代を過ごした札幌で、3か月ほど仕事をする機会がありました。訪日観光客の多さは札幌も例外ではなく、有名な商店街である狸小路は、大手の量販店が立ち並び、観光客で溢れかえっていました。思い出の土地の変容に戸惑う気持ちが無いと言えばウソになりますが、札幌にとっては大きな恩恵でしょうし、人が少なくなって活気がなくなるよりはずっと良いことだと思います。
観光とともに、最近はメディカルツーリズムも活況を呈しています。たいへん喜ばしいことなのですが、一抹の懸念もあります。というのは、医療機関によっては目先の利益を得ることだけを優先し、必ずしも高いレベルの医療を提供できていないケースが散見されるのです。外国の方が医療を受けにわざわざ日本に来るのは、日本の誇る優れた医療が世界的に信頼されているからです。そしてそれは医師をはじめ多くの医療関係者が骨身を惜しまず働き、長い年月をかけてコツコツ積み上げてきたものなのです。いったん信頼を損なえば誰も日本には来なくなり、取り返しのつかない損失となるでしょう。私たちは先達の残してくれた土台の上に立っており、それを継承、発展させていく責任があるのです。

医療格差は人生格差

カロリー制限食VS糖質制限食、違いは何?

2018年10月31日(水)

本連載が1冊の本になりました。日本人の死因で最も多い「がん」を避けるためにはどうすればいいのか、マンガで分かりやすく解説しています

 前回(「ええ!データは正常でも糖尿病が進んでいる?」)、血糖値を上げる原因には次の2つがあると解説しました。

  1. インスリン分泌障害…インスリン自体が出ていない。
  2. インスリン抵抗性…インスリンの「効き」が悪い。インスリンは出ているけど、肝臓、筋肉、脂肪などが反応せず、ブドウ糖などを取り込んでくれない。

 ①であっても②であっても、インスリンを分泌する膵臓に負担をかけすぎないことが大切です。

 膵臓の機能が落ちてインスリンの分泌量が減ってしまえば、糖尿病の発症に直結してしまうからです。ではどうやって膵臓を労わればいいのでしょうか。

 まず、急性膵炎や慢性膵炎といった、膵臓の機能を極端に落とす可能性がある病気を避けることが重要です。両疾患とも、アルコールの過飲がリスクを上げることが分かっています(詳しくは「『適量のアルコールは認知症に良い』はウソ!」をご覧ください)。

 そして慢性膵炎は、糖尿病だけではなく膵がんのリスクも上げるので、最大限の注意が必要です。

 次に大事なことは、血糖値を乱高下させないことです。

 膵臓が最も仕事をするのは「食直後」。理由はもちろん、そのタイミングで血糖値がピークになるからです。

 食事による血糖値の上昇に呼応して、膵臓から速やかにインスリンが分泌され、30〜60分後に分泌量がピークとなり、血糖値を下げていきます。

 この時、できる限り「急激に血糖値を上げない工夫」が必要になります。なぜかといえば、インスリンをドーンと分泌するよりも、ゆっくりと分泌した方が、膵臓の負担は軽減されるからです。これは、同じ距離ならダッシュするよりも、ゆっくり走った方がラクなのと同じです。

 では、そのために一番シンプルな方法は何かというと、もちろん「ゆっくり食べる」ということです。

 ある程度の時間をかけて、血糖値が急上昇しないように食べる。早食いは膵臓に負担をかけますし、ゆっくり食べる人の2倍も肥満が多いことも報告されています(1)(2)。肥満はインスリン抵抗性のもとなので、さらに膵臓に負担をかけてしまいます。

 また、しっかり咀嚼することで食後血糖値の急激な上昇を抑えられる可能性が報告されています(3)。これは咀嚼そのものが大切なのか、咀嚼によってゆっくり食べることが大切なのか見極めが難しいですが、いずれにしてもプラスに作用するのはまず間違いないでしょう。

 「早メシ早グ◯も芸のうち」なんて言いますが、少なくとも前者はまったくオススメできません。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今度は私がクビになるんじゃないか。そんな空気がすごくあった。

石井 稔晃 ナルミヤ・インターナショナル社長