• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

『炎と怒り』の著者、今回の取材手法への批判に反論 

2018年3月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

トランプ政権の信じられない内幕を描いて話題の『炎と怒り

 今年1月4日に米国で出版されたトランプ政権の内幕を描いた『炎と怒り』──。発売から2カ月近く経つが、今も米アマゾン・ドット・コムの政治分野では書籍売り上げランキングで上位3位を下らない。

 トランプ政権が発足した2017年1月からホワイトハウス一階ロビーのカウチに陣取り、200件以上の取材を経て『炎と怒り』を書いたという米ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏へのインタビュー。最後の第3回では、トランプ氏に認知症の兆しがあると一部で指摘されていること、ホワイトハウスで不倫をしているとの噂があること、なぜ今年の中間選挙に向けては女性立候補者が増えているのか、そして今回の取材方法に対して批判が出ていることに対して筆者自身がどう考えているかなどについて語ってもらった。

マイケル・ウォルフ(Michael Wolff)氏
ジャーナリスト
1953年米ニュージャージー州生まれ。父親は広告営業マンで母は地元紙の記者だった。米コロンビア大学を経て、米バッサー大学を卒業。コロンビア大学時代に米ニューヨークタイムズ(NYT)紙のコピーボーイをする。74年雑誌「New York Times magazine」(NYT紙の週末版に入っている雑誌)に最初の記事が載る。90年代にネット企業を立ち上げるが失敗、その顛末を98年、書籍『Burn Rate』として出版。同年からNew York Timesマガジンの定期コラムニストに。2003年から同雑誌でイラク戦争を担当。2004年に『Autumn of the Moguls』を出版し、ネットの台頭で主流メディアが苦境に直面していくことを予言。2005年に雑誌「Vanity Fair」のメディア担当コラムストに。同年、メディア王と言われるルパート・マードックの人生を書いた『The Man Who Owns the News』を出版するなど著書も多い。(写真:永川智子、以下同)

トランプ氏に認知症の兆しがあるとの指摘があるが

昨年末からトランプ氏には健康上の問題として、認知症の兆しがあるのではないかとの指摘が出ているようです。ウォルフさんも本で、メンタル面で問題がある可能性について少し触れています。どうご覧になっていますか。

マイケル・ウォルフ氏(以下、ウォルフ):そのような懸念を持っている人たちがいることは確かです。私も注意深く見ていますが、わかりません。ただ、トランプの周辺にいる人たちの中で、彼が30分の間に同じ話を3回も繰り返すんだなどとコメントする人が非常に多いことは事実です。最近では15分に3回同じ話をするというのもよく耳にします。

 ただ、それは彼が十分に眠れていないからなのか、大統領職のプレッシャーがきつすぎるためなのか、それとも他に理由があるのか、原因は分かりません。

コメント8件コメント/レビュー

> 普通の日々の新聞記事などは一部しか明らかにしない。
> そんな記事からどうやって全体像をつかむことができるでしょうか。
> これからの報道は、NYTやテレビのCNNだけが報道するのではなく、
> きっといろんな人やメディアが様々な手法、形態で伝えていくことになると思います。

まさに今、世の中で起きている大きな変化であり真実だと強く共感した。(2018/03/09 14:33)

オススメ情報

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> 普通の日々の新聞記事などは一部しか明らかにしない。
> そんな記事からどうやって全体像をつかむことができるでしょうか。
> これからの報道は、NYTやテレビのCNNだけが報道するのではなく、
> きっといろんな人やメディアが様々な手法、形態で伝えていくことになると思います。

まさに今、世の中で起きている大きな変化であり真実だと強く共感した。(2018/03/09 14:33)

 トランプに大統領としての資質が無いことは就任前から明白だったことです。話半分、いや1/3か1/4
かな、で今回の記事を読んだとしても、この明白だったことを裏付けたにすぎませんね。

 日本は本来トランプからは一歩引いて付き合うべきでしょうが、まあ無理でしょうね。アメリカの手下としてがっちり組み込まれてますから、、、

なんにしてもトランプには何らかの形で、さっさとホワイトハウスからいなくなってほしいものです。(2018/03/07 19:27)

良いインタビューで感心しました。ウォルフさんジャーナリストとしてごくノーマルだと思います。
「政治担当記者というのは、政治には常に一定の合理性があると思っている。<途中略>しかし、もし政治家が何も考えずに動いていたらどうでしょうか。」がポイントですね。(2018/03/07 18:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長