• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新聞社は今後も残っていくべきなのか?

作家、本城雅人氏が最新作『紙の城』で描いた新聞社のリアル

2016年12月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2005年に起きたライブドアによるニッポン放送買収騒動。作家、本城雅人氏は当時、渦中のフジサンケイグループで「サンケイスポーツ」の記者だった。その体験を生かし、最新作『紙の城』(講談社)を書き上げた。舞台はまさにIT企業に買収宣告を受ける新聞社だ。紙の新聞とウェブサイトはいかに共存していくのか。ワークライフバランスが叫ばれる時代において、新聞記者という仕事はどうなっていくのか。元記者として、新聞業界のタブーにまで切り込んだ真意を尋ねた。

聞き手は上木 貴博

最新作『紙の城』では新聞社の買収攻防戦を現場記者の視線で描いています。執筆の動機は。

本城:本作で書きたかったのは、会社組織としての新聞社です。前作『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社)では記者一人ひとりにフォーカスしましたが、今回は新聞社という会社の独特の雰囲気や一体感を取り上げたかった。新興のIT企業に買収されそうになるという設定は、反目し合っている部署や記者たちが共通の目的の下に、一丸となっていく瞬間を書くためのものです。

本城雅人(ほんじょう・まさと)氏
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業後、産業経済新聞社に入社。産経新聞浦和総局を経て、サンケイスポーツ記者。退職後の2009年に『ノーバディノウズ』が松本清張賞候補となる。代表作に『球界消滅』『サイレントステップ』『誉れ高き勇敢なブルーよ』などがある(写真:稲垣 純也)

本城:考えてみれば、新聞記者は変わった仕事です。事件現場や記者クラブでは、毎日のように競合他紙の同業者と顔を合わせます。商店街の店主同士ならともかく、金融業や製造業ではライバル社員の顔なんて普通は知りません。顔見知りのライバルを相手にスクープを抜いたり、抜かれたりする部分はスポーツに似ているなと思います。

 新聞記者は会社に対する帰属意識が高いわけでもないのに、辛い仕事をついつい頑張ってしまう人たちです。それはジャーナリズムという使命感もあるのでしょうが、仕事に酔ってしまう瞬間が理由だと思います。

 執筆にあたり、新聞社の取り上げ方には注意しました。私自身、記者に憧れて新聞社に入って20年間も働きました。今も毎日、紙の新聞を読んでいます。とは言え、近年では新聞というメディアのあり方に世間は批判的です。だから、新聞社の社会的な役割や重要性を持ち上げ過ぎないようにしました。そこを前面に出すと、世の中全体の感覚から外れてしまうだろうなと感じたからです。

 作中に「押し紙(一部の新聞社による販売店に実際の販売部数を上回る予備紙を買い取らせる商習慣)」や「降版協定(過度なスクープ競争を避けるため、一定の時間が過ぎたら新しいニュースを記事にしない協定)」「新聞の軽減税率適用」など新聞業界の人が眉をひそめるような話も盛り込み、(新聞社の株式買収を制限する)「日刊新聞法」にある程度守られてきたという側面も書きました。その上で、新聞社は今後も残っていくべきなのかどうかを問いかけたかったんです。

コメント8件コメント/レビュー

新聞社はもっとビジネスがうまくないといけないですよね。読者が何を期待しているのかを汲まないと。新しい時代のジャーナリズムとして読者が何を期待しているかを考えないと。ネットとは違う役割があるはずです。今の時代の期待役割を見つけて、形にしていくことが良いビジネスをしているということですからね。そういう意味では多くの新聞社はビジネスがうまいとはいえませんよね。ちなみに日経は期待したいと思える数少ない新聞社だと思います。

それと社内のマネジメント改善は大事なようですね。ブラックにならないように上司が気遣うなんてことで解決するのは良くないです。まずは会社として改善に取り組む姿勢が大事です。現場が知恵を出しあえば必ずいい方法があるものです。そのためにはまずはきちんとした会社になろうというメッセージが一番最初にあるべきかと思います。ブラックが当たり前という社内の風潮がまずは良くないと思います。

ビジネスのビジョンを示す、生産意欲を高めるなどすれば、新聞はよくなるのではないでしょうか。(2016/12/07 19:43)

オススメ情報

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「新聞社は今後も残っていくべきなのか?」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新聞社はもっとビジネスがうまくないといけないですよね。読者が何を期待しているのかを汲まないと。新しい時代のジャーナリズムとして読者が何を期待しているかを考えないと。ネットとは違う役割があるはずです。今の時代の期待役割を見つけて、形にしていくことが良いビジネスをしているということですからね。そういう意味では多くの新聞社はビジネスがうまいとはいえませんよね。ちなみに日経は期待したいと思える数少ない新聞社だと思います。

それと社内のマネジメント改善は大事なようですね。ブラックにならないように上司が気遣うなんてことで解決するのは良くないです。まずは会社として改善に取り組む姿勢が大事です。現場が知恵を出しあえば必ずいい方法があるものです。そのためにはまずはきちんとした会社になろうというメッセージが一番最初にあるべきかと思います。ブラックが当たり前という社内の風潮がまずは良くないと思います。

ビジネスのビジョンを示す、生産意欲を高めるなどすれば、新聞はよくなるのではないでしょうか。(2016/12/07 19:43)

新聞社が残ることはまあ賛成だが、販売店はきえろ。そもそも販売員がこなけりゃ新聞取るのに・・・(2016/12/07 14:29)

 よく「日経」がこの記事を載せましたね。
 新聞は、はっきりいって、要りません(古新聞紙は欲しいですが)。ネット云々ということもありますが、何より「記事を信用できないから」です。自宅では取ってませんし、会社にある新聞も、以前は昼休みなどについつい読んでいましたが、ここ1年くらい、全く読んでいません。
 信用できない理由は、素人記者が記事を書くからです。松井番や、金融経済などは、専門家である記者が書きますが、社会面などは素人です。事実関係、例えば「何かがあった」といったことは信用できますが、それがどの程度珍しいのか、どういうインパクトがあるのかなどはウソが多いです。
 また、紙の新聞は、読みにくいですし、電車内で読まれるとガラガラの電車で遠くで読んでいても目障りです。何故、いまだに残っているんでしょうか?
 いろいろなニュースの一覧という意味では、Yahoo!ニュースだけで事足ります。新聞の必要はありません。
 ただ、報道の専門家というものがいなくなるのは、困りますね。誰かが取材をする必要はありますし、記者クラブみたいなものも必要でしょう。新聞社という形態を取るべきかどうかはわかりませんが・・・。(2016/12/07 14:12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長