• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【最終回】ロジカルシンカーたちが語る「論理思考がくれたもの」

~人が心から動いてくれること、そして…~

  • 高橋 俊之

バックナンバー

[1/5ページ]

2016年12月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2016年もまもなく終わりますね。そして実は本コラム「ロジカルシンキングの達人になる」も、今回が最終回になります。2009年4月公開の第1回から数えること235回、7年と8カ月に渡ってご愛読いただき、ありがとうございました。

 さて、最終回に何を書こうか色々と考えた結果、「論理思考をやり続けると、どんなうれしいことがあるのか」を書いてみることにしました。というのも、このコラムがあろうがなかろうが、読者のみなさんには論理思考を続けていただきたいと思うからです。これから書くことが、その燃料になれば幸いです。

 なお、本コラムの名称は「ロジカルシンキングの達人になる」ですが、これから書く話は達人にならないと体験できない、というわけではありません。むしろ、今からでも体験でき、そして、成長し続けていればその体験がずっと続きます。ただし、「正しいやり方で」「続けている」必要があります。

(写真:PIXTA)

 今回の記事を書くに当たって、そのように論理思考を学び、磨き続けている過去の受講生や友人達に、Facebookで「実際にどんなうれしいことがあるか」を聞いてみました。また、過去の記事からそれに最も参考になりそうなものも併せて紹介していきます。それでは、始めましょう。

オススメ情報

「ロジカルシンキングの達人になる」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長