• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「遺骨」を捨てる人も、「一族の墓」は維持困難

“無形化”する墓 ──「墓は持たない」という選択

2017年10月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント18件コメント/レビュー

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は、自分の何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。

 何代前のご先祖様であっても知っていなければならないと考えているのだろうか。
 (何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。)

 それとも、曾祖父母まで知っていれば良くて、曾々祖父母は知らなくても良いのだろうか。
 (曾々祖父母は「どこの馬の骨かわから」なくても良いのだろうか。)

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人も、どこで線引きするのかなどおそらく考えもせずに
 「じいちゃんの親(三代前)」
と書いたのだろう。

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は自分の曾孫までは自分のことを知っていて欲しいのだろうが、それを曾孫に押し付けるのは「どこの馬の骨かわからん」と書いた人のエゴでしかない。(2017/11/17 11:13)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「遺骨」を捨てる人も、「一族の墓」は維持困難」の著者

柳生 譲治

柳生 譲治(やぎゅう・じょうじ)

日経BP総研 主任研究員

業界紙記者、雑誌編集者、建設作業員など様々な職業に就いた後、2001年日経BP社入社。日本経済新聞社デジタル編成局プロデューサー、日経ビジネス副編集長などを経て、2018年8月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は、自分の何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。

 何代前のご先祖様であっても知っていなければならないと考えているのだろうか。
 (何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。)

 それとも、曾祖父母まで知っていれば良くて、曾々祖父母は知らなくても良いのだろうか。
 (曾々祖父母は「どこの馬の骨かわから」なくても良いのだろうか。)

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人も、どこで線引きするのかなどおそらく考えもせずに
 「じいちゃんの親(三代前)」
と書いたのだろう。

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は自分の曾孫までは自分のことを知っていて欲しいのだろうが、それを曾孫に押し付けるのは「どこの馬の骨かわからん」と書いた人のエゴでしかない。(2017/11/17 11:13)

下で「自分の事しか考えられない」と書いた者ですが、最後にもう一度。

家系を考えるときに、「現代」という観点を持つのはナンセンスです。
祖先から親、自分、子供、、そして子孫。時の流れの中ではどの一部もその時の「現代」であり、今の自分が居る所が「現代」ではないです。
と、いうか、自分が居る場所を「現代」とするのは、その先に繋いで行かないと宣言したも同然です。
先祖を偲ぶのは、行く末に思いを馳せる事でもあります。

墓を移動するのは結構、建て替えるのは結構ですが、仕舞うのは如何なものか。
ランドマークを壊してどうするの。
墓も無く、当然ながら仏壇も無く過去帳すら無い。
じいちゃんの親はどこの馬の骨かわからん!というご子孫にするのですね。(2017/11/08 08:52)

神の創造したDNAは、過去現在未来永劫、永遠の命をつないでゆきます。しかし、その永遠の命の1パートを一生懸命に生きた個の命はやがておわり無の世界に還ります。

親鸞は、自分が死んだら、賀茂川のいほ(魚)の餌にせよとの遺言を残されました。武田信玄は、
甲冑をきせて諏訪湖に沈めよ との遺言を残されました。

アインシュタイン、周恩来、鄧小平、ネール、ガンジー、ビビアンリー、マリアカラスは散骨を選択しました。

自分が死んだら、どこに還るか、それは自由なのです。水中墓もありです。(2017/11/06 14:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)